ほうれい線の原因と対策

年齢を重ねれば誰でも、ほうれい線が目立ってしまうものなのだと思い込んでいませんか?

 

ほうれい線の原因は、肌のたるみやはり不足によるものですから、必ずしも加齢が原因だとは限らないのです。

 

 

■そもそも、ほうれい線とは何か?

 

ほうれい線の原因を探る前に、ほうれい線が何者なのかを知る必要があります。

 

ほうれい線の原因や対策についての情報は多いのですが、意外にほうれい線の正体については明かされていないのです。
ほうれい線とは、鼻の両脇から唇の両角まで伸びているくぼみによりできてしまうシワのことです。

 

なぜそんなところにシワが出来るのでしょうか?
それには、人間の骨格が関係しているのです。

 

顔の骨を触って確かめてみるとわかりますが、ちょうどほうれい線ができるところあたりが大きくくぼんでいませんか?

 

これは、このような骨格でないと口を動かすことができないために仕方のないことで、くぼみの部分に線がどうしてもできてしまうのです。

 

 

■ほうれい線が目立つのはなぜ?

 

ほうれい線が目立っている人と目立ってない人の違いはどこにあるのでしょうか?
加齢だけが原因ではありませんから、若い人でもほうれい線が目立っている人は結構います。

 

それは、肌がたるみ、重力で垂れ下がってくることで、くぼみの手前でたるんだ肌がたまるようになり、それによってくぼみが目立つようになるためです。
肌のたるみの他には、はり不足も同じようなことが言えます。

 

はりがあると、弾力によって肌がくぼみに落ち込むことはないので、ほうれい線も目立ちません。
皮膚の筋力が衰えることによっても、はり不足と同じような状況に陥ります。
つまり、ほうれい線が目立つ原因としては、肌のたるみやはり不足、筋力不足が考えられるのです。

 

 

■深くなる前のケアが大切!

 

ほうれい線を放っておくとあまりいい結果にはなりません。
最初は何らかの原因で一時的にできていたかもしれないのに、放置しておいたことにより今度はほうれい線が深き刻まれていくのです。
そうなると、ケアや改善はとても大変になってきます。

 

洋服のシワも早いうちにアイロンか何かで改善しなければ日が経つにつれて、深いシワになって行き、思い出してアイロンをしても、なかなかシワが伸びないことがありますよね。
それと同じで、ほうれい線も早く対処しなければ、本格的なシワとなってしまうので、ほうれい線が目立ってきたことを深刻に受け止めるべきなのです。