ほうれい線を目立つ人のファンデーション選び

ファンデーションも色んなタイプのものが販売されています。
ほうれい線が目立たないようにするためのメイク方法もテクニックとして大事ですが、それ以前にファンデーション選びが重要なポイントとなってきます。

 

ほうれい線が目立ってきてファンデーションを変えようと思っておられる方に最適な、ファンデーション選びのコツをお話しします。

 

 

■崩れにくいファンデーションを

 

ファンデーションによってほうれい線が目立ってしまう原因は、ファンデーションの崩れによるものがほとんどです。
ほうれい線をくっきりと目立たせるスジがファンデーションによってできてしまうのも、ファンデーションによるメイク崩れが原因なのです。

 

ほうれい線以外のゾーンでも、時間が経つと浮いてしまうようなものや汗や皮脂に弱いファンデーションは、ほうれい線でお悩みの方にはおすすめできません。
時間や汗、皮脂などに影響されないファンデーションを選ぶようにしましょう。

 

 

■ほうれい線にはBBクリームがおすすめ

 

ほうれい線の大敵である乾燥を防ぐために、保湿力の高いファンデーションをお勧めします。
ここ数年でオールインワンのBBクリームが話題になっていますが、ほうれい線でお悩みの方にはうってつけです。
BBクリームには、保湿機能があるのはもちろんのこと、カバー力もあります。
美容成分やUVケア機能も含まれていますから、ほうれい線にとっては、いいことばかりなのです。

 

ファンデーションを上から少し塗ってもいいので、保湿力が高く色んな機能を兼ね備えているBBクリームを活用するようにしましょう。

 

 

■ミネラルファンデーションは適してない?

 

パウダーのミネラルファンデーションをお使いで、余計にほうれい線が目立つようになったと言っている方をよく見かけます。
確かに、パウダーのミネラルファンデーションには、カバー力の優れたリキッドやクリームファンデーションに比べると、界面活性剤も使用されておらず油分もありませんから、ほうれい線を隠しきれないこともあると思います。
しかし、それは塗り方に誤りがあるために起こっているのです。

 

化粧下地をしてから、ワントーン明るいコンシーラーをほうれい線に叩き込んで、パウダーのミネラルファンデーションをサッと塗りましょう。
クリームやリキッドファンデーションでは出せないナチュラルさがあり、時間が経ってもよれにくい、崩れにくいでほうれい線が目立つ心配もありません。