女性ホルモンとほうれい線

美肌と女性ホルモンは切っても切れない仲ですが、ほうれい線と女性ホルモンも同様です。
生理前になると肌荒れの他に、ほうれい線が目立つ方も多いのではないでしょうか?
それはエストロゲンという女性ホルモンの減少によるものです。

 

女性ホルモンをアップさせるにはエストロゲンを増やすことです。
女性ホルモンをアップさせると、女性らしさを保つために肌にはりも出て来ますから、ほうれい線も目立たなくなります。

 

 

■女性ホルモンアップのために心がけること

 

女性ホルモンをアップさせるためには生活習慣をまず見直さなければいけません。
睡眠不足や不規則な生活、乱れた食生活を送っていると、ホルモンの分泌がされにくくなり女性ホルモンが減少します。
食事は特に大切です。過度なダイエットで栄養不足が続き、女性ホルモンが減少することもあります。

 

運動不足はストレスをためやすい体質となりますから、できる限り運動をしてストレスを発散するようにしましょう。
まずは基本的な生活習慣を整えた上で、女性ホルモンアップを心がけていくことが大切です。

 

 

■アロマテラピーでリラックスする時間を

 

最近少し疲れたなあとか、ストレスを感じている方はアロマテラピーで解消しましょう。
疲れやストレスがアロマの香りによって解消されることで、女性ホルモンの減少をおさえ、さらにはアップにつなげていけます。
また、女性ホルモンは好きな香りをかぐことで分泌されやすくなります。
中でもローズの香りは、効果が高いことで話題になっています。
日常にうまくアロマテラピーを取り入れて女性ホルモンをアップさせましょう。

 

 

■卵が女性ホルモンをアップさせる?

 

女性ホルモンをアップするには、食べ物も大切になってきます。
栄養バランスのよい食事は大前提ですが、中でも女性ホルモンアップのために多く摂りたい食品があります。

 

それは、卵です。
卵といっても、生ではなくできればゆで卵などの加熱したものがいいです。
卵には、女性ホルモンを作り出すために必要なコレステロールが豊富に含まれています。
コレステロールといいましても悪玉コレステロールではないので、食べ過ぎない限りコレステロール値が高くなることはありません。
女性ならば、1日1個は卵を食べるようにしましょう。