ほうれい線を消すためのスキンケア方法

ほうれい線の原因である肌のたるみや乾燥は、スキンケアで保湿ができていないことが原因で起こります。
自分ではしっかり保湿をしているつもりでも、方法が間違っていることで結果的に保湿ができていない場合があるのですす。

 

スキンケアはしっかりしているのに、肌のたるみや乾燥が改善されない方は、一度スキンケア方法を見直してみてはどうでしょうか?

 

ここで、正しい保湿でほうれい線に効くスキンケア方法をご紹介します。

 

 

■洗顔後にタオルで顔をふく時は

 

洗顔後にタオルで水分を取る時に、タオルを顔にこすりつけていませんか?
肌は摩擦によってトラブルを起こしやすくなります。
潤いを保つセラミド層も、毎日摩擦を加えることによって薄くなって行きます。
セラミド層が薄くなると、水分や油分を肌の奥に閉じ込めておくことができずに乾燥肌をまねいてしまいます。

 

乾燥肌はほうれい線の大敵です。
乾燥からたるみ肌になることもありますから要注意です。
洗顔後に水分をふき取る時は、なるべく柔らかいタオルを優しく押し当ててふきとりましょう。

 

 

■ベストタイミングで保湿力を上げる

 

化粧水、乳液をつけるタイミングはいつがいいと思いますか?
大体の方が、入浴後の落ち着いた時間に化粧水、乳液をされていると思いますが、保湿のことを考えると、実は落ち着いてからではもう遅いのです。

 

入浴後は、肌が温まったせいで毛穴が開いており、肌の奥の水分が蒸発しやすい状態となっております。
逆に言えば、毛穴が開いているので美容成分も吸収しやすい状態になっていると言えます。
このタイミングを狙って、化粧水を素早くつけましょう。
化粧水が肌に浸透したら、すぐに乳液でふたをしましょう。
毛穴が開いているということは、化粧水が蒸発しやすい状態でもあるので、乳液で素早くふたをすることがポイントです。

 

 

■ローションパックで効率よく保湿を

 

化粧水を肌に効率的に浸透させるためのローションパックは数年前より注目されています。
コットンに化粧水をしみ込ませることで、空気中に化粧水が蒸発するのを防ぎます。
さらには、化粧水がしみ込んだコットンで肌をパックすることで、ふたができるので、肌に浸透した化粧水も蒸発しにくくなります。

 

入浴後に素早く化粧水をしなければいけませんので、顔全体を覆えるほどの枚数のコットンに化粧水をしみ込ませて
素早くコットンを肌に貼ったら、5分間そのまま放置してからコットンを取ります。
化粧水を手で素早く馴染ませたら、乳液をつけてふたをしましょう。