ほうれい線を目立たなくするエクササイズとマッサージ

明日は初デートなのに、ほうれい線が気になる…といった経験はありませんか?
大事な日なのに、ほうれい線が目立っているとせっかくのメイクも台無しですよね。

 

くっきりついているほうれい線を、明日までに目立たなくするなんて不可能だと思っていませんか?
ところが、お手軽なエクササイズとマッサージでちゃんと目立たなくなるのです。

 

 

■入浴後にまず保湿をしましょう

 

ほうれい線の目立ちを緩和するためには、まず何よりも保湿が大事です。
入浴後は毛穴が開いていることもあり、肌の奥の水分が蒸発しやすい状態になっているので、素早く保湿をして、ふたをしてあげなければいけません。
入浴後はすぐに化粧水で潤いを補給して、素早く乳液でふたをして、補給した潤いが逃げないようにしましょう。

 

 

■首と表情筋のエクササイズ

 

ほうれい線を目立たなくするためには表情筋のたるみを改善することと、首のコリをほぐすことも大切なです。
特に首の後ろがこっていると、顔の皮膚を引っ張る力も弱くなり
顔の皮膚がたるんで、いわゆる”たるみ肌”となってしまうのです。

 

1.首を左まわり3回、右まわり3回とゆっくりまわします。
2.頭の後ろで手を組んだら、手で頭を押しながら下を向いて首の後ろに少し痛みが感じる程度のところで10秒ストップします。
3.今度は頭を上げて天井を向いたら、怒った時のように口の中を膨らませて10秒ストップします。
4.一旦、休憩して呼吸を整えたら再び、口を膨らませて、1の時と同じように首を左右に回します。左右を切り替える時に一度呼吸を整えるようにしましょう。

 

 

■ほうれい線ほぐしマッサージ

 

翌朝までにほうれい線を何とかしたい場合、個人差があるとは思いますが、エクササイズだけではなかなか難しいかもしれません。
そこで、マッサージも加えてみましょう。

 

1.口の中に親指を入れたら、ほうれい線がある裏側に持って行きます。
2.親指で押さえているところに今度は人差し指を口の外側から乗せます。そうすると、皮膚を親指と人差し指で挟んでいる状態になると思います。
3.鼻の脇からほうれい線が伸びている先まで、ほうれい線をほぐすような感覚で親指と人差し指でつまみながらほぐしていきます。時間をかけてゆっくりと左右のほうれい線をほぐしましょう。

 

いかがでしたか?
急な用事などでほうれい線が気になるとき、騙されたと思って一度やってみて下さい。
もちろん、ほうれい線対策として普段からの実践もおすすめします。