ほうれい線を目立たせないメイクの仕方

朝メイクをした時は、あまり目立っていなかったはずのほうれい線も、夕方くらいになると、急に目立ち始めて驚く時がありますよね。
せっかく塗ったファンデーションが、ほうれい線に寄ってスジになっていたという経験はありませんか?
そんな方のために、ここではほうれい線を目立たせないためのメイク方法をご紹介します。

 

 

■コンシーラー、ファンデは控えめに

 

目元や口元の皮膚はとても薄くデリケートな部分でもあります。
肌が乾燥しやすいゾーンも目元や口元が多いのではないでしょうか?
それは皮膚が薄い分刺激を受けやすく、セラミド層も薄くなりやすいために乾燥を招くのです。

 

皮膚が薄いということは、表情によって皮膚が細かく動く部分でもありますから、メイクも崩れやすいゾーンになるのです。
ほうれい線もそのような理由により、時間が経つとメイクが崩れて、ほうれい線の深さによっては、ファンデーションがよれてスジになります。
ほうれい線を隠すために、コンシーラーやファンデーションを厚塗りするのはやめましょう。

 

 

■ほうれい線を目立たせないファンデ方法

 

ほうれい線を目立たせないためには、とにかく厚塗りせずにどれだけ効果的にファンデーションを乗せるかがポイントとなってきます。
それには、ワントーン明るめのコンシーラーが決め手となってきます。
化粧下地をいつものようにしたら、ワントーン明るめのコンシーラーをほうれい線の部分に塗りましょう。
この時にコンシーラを叩くようにして伸ばしていくのがポイントです。

 

あとは、その上にファンデーションを軽く乗せるだけで完了です。

 

 

■ハイライトでほうれい線を目立たなくさせる方法

 

ほうれい線を目立たなくするためのもうひとつのメイク方法は、ハイライトをうまく活用する方法です。
写真を撮る時は、光のあたり具合によって顔のイメージや肌の印象が変わってきますよね。
光が多ければ多いほど、シワは目立たなくなり、プリクラで写真を撮ると肌がいつもより綺麗に写るのは、その原理が成り立っているからです。

 

肌に光が反射するほどにシワや毛穴の開き、そしてほうれい線を目立たなくすることができますから、光を反射してくれるハイライトをうまく使えば、ほうれい線を目立たなくすることができるのです。

 

ベースメイクが完了したら、ほうれい線の部分に薄くハイライトを入れるようにしましょう。
サッとひと塗りするだけで、一気にほうれい線が目立たなくなりますよ。