紫外線が原因のほうれい線

紫外線対策はちゃんとしていますか?
紫外線を浴びることで受けるダメージは想像以上に大きいのです。

 

シミシワだけではなく、ほうれい線にまで影響する紫外線。
しっかりとガードしておかなければ、取り返しのつかないことになってしまいます。
ここでは、紫外線によってほうれい線ができるメカニズムについてお話しします。

 

 

■紫外線を浴びると肌はどうなる?

 

紫外線を浴びると、肌はどんどん老化していきます。
その時は何も変化がなくても、紫外線を浴び続けることで次第に肌が衰えてくるのです。
それがシミやシワを作ったり、ほうれい線を深くするといった症状を引き起こします。

 

紫外線は、肌の奥深くまで浸透して、肌の弾力を保つために必要なコラーゲンやエラスチンを傷つけて減少させます。
すると、肌は弾力性を失い、シワを作ったりほうれい線を深くするのです。

 

紫外線を浴びることで、肌の表面にもダメージが加わりますから、炎症が起こらないようにとメラニン色素が大量生成されます。
大量生成されたメラニン色素が、肌の表面に残ると、やがてそれはシミになるのです。

 

 

■UVAとUVBの違いは?

 

紫外線にはUVAとUVBの2種類があります。
どちらの紫外線を浴びたかによって、ダメージによる症状にも違いが出てくるのです。
もちろん、どちらの紫外線も浴びてしまうというケースも大いに考えられます。

 

ほうれい線対策のために浴びたくない紫外線はUVAです。
UVAはシワ、たるみの原因を作る紫外線で、肌の奥深くまで浸透してしまいます。
窓やカーテンにもさえぎられることなく差し込んできますから要注意です。
場合によっては、シミを作ることもありますが、UVBに比べると確率は低いです。

 

一方UVBは、浴びた後に肌が赤くなり、炎症を起こしている状態となります。
UVBは、肌の表面までしか浸透しない分、炎症が起こってしまい、メラニン色素がたくさん生成されて、シミを作ることになります。

 

 

■浴びた紫外線は蓄積される

 

自分はシミもシワもないから、紫外線対策なんてしなくも大丈夫だと思い込んでいる女性もいます。
しかし、その思い込みこそが数年後に悪夢を引き起こすのです。

 

浴びた紫外線は、しっかり肌に蓄積されていきます。
ダメージは表面化されなくても、奥に蓄積されているのです。
その上からまた紫外線を浴びると、さらに蓄積され、ある日突然、シミやシワ、ほうれい線となって表面化するのです。

 

それから対策をしても改善は難しいので、一日も早く紫外線対策をするようにしましょう。