ほうれい線を消すための表情筋トレーニング

ほうれい線を目立たなくしたいのなら、肌のたるみと表情筋の衰えを改善することです。
表情筋の衰えは、筋トレをすることで改善することができます。
毎日少しずつでもいいので、表情筋トレーニングをするようにしましょう。

 

表情筋トレーニングは、テレビを観ながらや家事をしながらでもできます。
ここでは、シンプルな方法で表情筋を鍛えるトレーニング方法をご紹介します。

 

 

■器具は使わない表情筋トレーニングがいい

 

表情筋トレーニングの方法はいろいろ紹介されていると思いますが、なるべくストローやお箸、ペットボトルなどを使わないトレーニング方法が好ましいです。
物を使うトレーニングは、最初はともかく、回数を重ねるごとに面倒になってくることがあるからです。

 

いつでも気軽にすぐにできるトレーニング方法で表情筋を鍛えることが、長続きするコツです。
シンプルな方法でも、表情筋はしっかり鍛えることができます。

 

 

■とにかく頬の筋肉を使うことを意識する

 

表情筋トレーニングをどのような方法で行なえばいいのかと考えたとき、一番重要視しなければいけないのは、「頬の筋肉を使うこと」です。

 

普段、どれくらい頬の筋肉を使っているのかーそれがわからない人は、あまり頬の筋肉を使っていないのかもしれません。
というのも、意識しなければ頬の筋肉は使わないからです。
唯一笑っている時だけが、意識せずに頬の筋肉を使っているといえるでしょう。

 

 

■「あいうえお」と思いっきり発音する

 

表情筋を鍛えるためのとってもシンプルなトレーニング方法は、「あいうえお」と思いっきり口を開けて発音するという方法です。
この時に、声は出さなくてもいいので、口の開け方にとにかくこだわるようにしましょう。

 

いつも会話をしている時くらいの普通の口の開け方では駄目です。
自分ではこれがマックスだと感じるくらいに大きな口を開けて、「あいうえお」とゆっくり発音しましょう。
各5秒ごと開けるのが理想的です。
この方法は、思い出したとき、少し時間が空いたときなどに何度も行ないます。

 

表情筋トレーニングは、筋肉がある程度鍛えられるまで回数を重ねなければいけません。
筋肉が鍛えられるまでには最低1ヶ月はかかります。
最初のうちは思い出したときに頻繁に表情筋トレーニングをするようにしましょう。
口がどれくらい開けられているかを鏡でチェックしながら行なうと効果も上がります。