ほうれい線に効くツボはどんなとこ?

美容に効くツボがあるくらいですから、ほうれい線に効くツボもあるのです。
ツボ押しは、仕事中でも休憩中でも気軽にすることができますよね。
ツボを刺激する習慣をつけて、ほうれい線をなくしましょう。

 

ここでは、意外に知られていないほうれい線に効くツボをご紹介します。

 

 

■地倉(ちそう)

 

口角の横にあるツボです。両口角のすぐ横を人差し指のハラで押してみて下さい。
少し痛いと感じるところがツボですから、下から上へ持ち上げるようにしてゆっくり押してください。
5秒ほど押したら、5秒休憩しての繰り返しで5セット行ないましょう。
このツボを押すことで、自然と口角も上がるようになります。

 

■巨りょう(こりょう)

 

鼻の脇から指1本分、外にずらしたところにあるツボです。
このツボを押すと、頬の肉のハリが出ます。
同じく人差し指のハラで、ゆっくりと今度は垂直に押しましょう。
5秒押したら、5秒休憩すると言った要領で5セット繰り返します。

 

顔がむくみやすい人にもお勧めのツボで、リンパの流れをよくしてくれます。
乾燥肌を防ぐ効果もあるので、W効果でほうれい線対策ができます。

 

 

■下関(げかん)

 

「あ」の発音で口を開けると、こめかみと目の間に骨が出る部分があります。
そこが下関のツボですから、口を開けてツボを見つけたら口を閉じ、
人差し指のハラでゆっくりと5秒間、押しましょう。

 

このツボは、顔の血行を促進してくれるツボです。
血行促進により新陳代謝が良くなると、肌のターンオーバーのサイクルも
正常になって乾燥肌を防ぐことができますので、ほうれい線の予防になります。

 

5秒押して、5秒休憩するの繰り返しで5セット繰り返します。

 

 

■角孫(かくそん)

 

あまり知られていないのが、角孫のツボです。
角孫は側頭筋のあたり、耳の先端の上にあります。
側頭筋のマッサージをするときも、少し痛いと感じるところがあると思います。
まさに、痛い部分が角孫になります。

 

角孫に人差し指と中指のハラを置いたら、押しながらゆっくりと円を描くようにクルクル回します。
10回ほど回したら少し休憩してと言った要領で最低でも3セットは行ないましょう。
角孫は、ほうれい線対策に一番効くツボです。
側頭筋のマッサージにもなりますので、時間を見つけて頻繁に行ないましょう。

 

ツボ押しは、すぐには効果は現れるものではありませんが、気軽にできるので、根気よく続けて対策をしていきましょう。
絶対に効果はありますから、あきらめないことです。