ほうれい線を作らない為のUVケア

どこからともなく差し込んでくる紫外線。

 

紫外線を浴びることでも、肌のたるみが起こり、ほうれい線は深くなります。

 

 

シミやシワの予防のためだけではなく、ほうれい線対策のためにも
徹底したUVケアを心がけるようにしましょう。

 

 

 

■紫外線にはUVAとUVBがある

 

 

 

紫外線にはUVAとUVBの2種類があります。

 

ほうれい線防止のために注意したいにはUVAです。

 

UVAは光の波長が長く、肌の奥にまで届いてしまう紫外線なので
、コラーゲンやエラスチンを傷つけて肌の弾力を低下させる恐れがあります。

 

 

 

UVBは、肌の表面にダメージを与えて炎症を起こすエネルギーの強い紫外線です。

 

シミ、そばかすの原因になり、浴びた直後に肌が赤くなるという特徴があります。

 

 

 

■PAとSPFって何のこと?

 

 

 

UVクリームに表記されている「PA」についてはご存知ですか?

 

これは、UVAを防御する力の指数を表す時に使われる表記です。

 

「PA」の横には「+」が表記されていますが、この「+」の数が多いほど、防御力が強いのです。

 

 

 

「SPF」は紫外線を防御してくれる時間の長さを表す値です。

 

「SPF」の横には「0〜50+」の数字が表記されていますが、SPF値は0で約20分が紫外線防止時間の基準とされていますので、
例えば、「SPF20」なら20×20分で400分防御効果があるということになります。

 

 

 

■部屋の中で過ごす時の対策

 

 

 

1日中部屋の中で過ごしているから大丈夫だと思っていませんか?

 

部屋の中にいても、波長の長いUVAは窓やカーテンを通り抜けますから、
UVAを防御するPA値の高いUVクリームを使うようにしましょう。

 

 

UVBを防御するSPF値は、部屋の中で過ごす場合は、直射日光を長時間浴びることはあまりないので、10までで充分です。

 

 

 

■ちょっとしたお出かけの時の対策

 

 

 

近所に買い物に行くなどのちょっとしたお出かけの際でも、UVAとUVBの対策をする必要があります。

 

PA値が高い方がいいですが、SPF値は10?15程度のもので充分です。

 

 

 

■海水浴やアウトドアの時の対策

 

 

 

海水浴やアウトドアなどの直射日光を長い時間浴びるような場合は
、長時間直射日光を浴びることになりますから、
まず、SPF値に注目しなければいけません。

 

SPF値は20以上のもので、PA値も++++の一番高いものを選び、
UVAとUVBともにしっかり対策をするようにしましょう。